暮らすこと


食いしん坊の暮らし日記
by picco33
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

上棟式

シルバーウィーク最終日。
清々しいを通り越し、寒いくらいの朝ですね。
トイレに入ると空いた窓から冷たい空気で外の様子がうかがえます。

ずっと大反対していたWii Uが我が家にやってきました。
無類のゲーム好きのパパが、クリスマスでも無いのに買ってきました。
日々の生活に支障を来たすので、私はひとりアンチです。

こんなお天気が良いのに、子供たちは朝からスプラトゥーンに没頭しております。
あーぁ。
どーすんだ?


そして、上棟式のおはなしです。

地鎮祭を終えると、翌日から、工事が始まりました。
神主さんから戴いた鎮め物、お札と一緒に、自ら用意した水晶でできた小さなピラミッドを土地の中心に埋めました。


ベタ基礎の型枠、配筋、コンクリートを流し込み、あれよという間に作業が流れていきます。
基礎が完成すると、大工さんが入る前に鳶さんが足場を組みます。
風通しと陽当たりの良かった現場が、たったの1日で高い足場とシートで包まれて、とうとう棟上げの日となりました。
上棟直前、梅雨入りの気配で上棟式の日取りが気になりました。


f0160073_17223819.jpeg

それまで、コンクリートで出来た基礎しか無かったところに、数人の大工さんと鳶さん
が力を合わせてたった1日で屋根まで作り上げる作業は圧巻でした。
大きなクレーンが鎮座し、次々に太い柱や梁が組まれていくのです。
高くそびえる足場は、力を込めて木を打つ度にグラグラ揺れる心許ない状況で、テキパキ動く職人さん達の姿は、感動すら覚え、同時に感謝の気持ちでいっぱいでした。

f0160073_17240249.jpeg

作業が少し押して、予定時刻を少し過ぎた夕方5時半には作業も終え、3階に上がりお供えをして、大工の棟梁のもと、主人と私と工務店の社長の3人で無事棟上げが終了したことを神様にご報告、感謝し上棟式はつつがなく終了しました。

その後、1階に設けられた簡易のテーブルに移って宴席です。
通常小一時間で終了のものなのですが、施主が設計者であり、監理者であり、現場監督であり…いつもお仕事でお世話になってる関係で、夜6時から4時間ほど続きました。

f0160073_17255991.jpeg


上棟式準備は私のお仕事でした。
お酒、お米、海の物、山の物、上棟式に参加する方々への引き出物や祝儀を用意する旨、工務店(=パパ勤める会社)より紙面が来ました。

昔ながらの地元の工務店ということもあり、最近首都圏では殆んど見かけなくなった上棟式をする慣わしのようです。

主人設計の家を、主人の勤める会社で建てるのですから、ケチなこと言ってられません。慣わしに従ってきちんとやりたかったのです。
お昼は準備しなくても良い、ということでしたので、10時と3時のお茶とお茶菓子を差し入れしました。それも指示のあったものではありませんが、我が家のために働いて下さってるみなさんに感謝の気持ちが伝われば、と用意したものです。
ついでに餅も撒こうかと思ったのですが、梅雨時期で、3階建ての我が家の屋根に登って滑り落ちでもしたら困る、という主人の助言により、撒き餅はしませんでしたが、通りかかった知り合いの子供達にお菓子の詰め合わせを配ったり、上棟式後の宴は華やかに執り行ないました。


私達が宴席に用意したのは、行きつけのお寿司屋さんで握ってもらったお寿司4桶のほか、新宿高島屋のオードブルを注文し、漬物、枝豆、乾き物のおつまみなどとお酒やビール、ジュース、お茶などを多めに準備しました。
オードブルは、サイトをご覧になると分かりますが、まい泉の一口カツサンド、まつおかの煮物など入ったもの、柿安ダイニングのオードブルを2種、それとキムチの盛り合わせも注文しました。
手軽に食べられるカツサンドに人気が集まってました。
みなさんに喜んでいただけて、私も大満足でした。

引き出物は、主人が以前業者として頂戴して美味しくて嬉しかった、という『弁松』のお弁当と日本酒の小さいものを、ご祝儀は、大工の棟梁に3万円、鳶の棟梁に1万円、工務店社長に1万円、その他の方々に5千円を参加人数分お渡ししました。
あ、大工の棟梁は、実家のリフォームなどでもお世話になっていたので、気持ち上乗せでお渡ししました。

具体的な数字が出されていなかったので、悩みましたが、自分が貰って嬉しい額というのを念頭に置きました。

それと、以前見た番組で、敬愛する江原啓之さんが、家を建てるなど、危険の伴うことをするときには、先に損をしておく、ということで、餅を撒いたり、上棟式を盛大に開いたりするものなんですよ、とおっしゃってました。
悪いことは先に済ませておくことが大切です、とのことでした。


これから大きな借金をしてローンを返済していかなければならない場面で、身銭を切って宴会を開くのは、懐寂しく心許ないことですが、皆さんが喜んで下さって、無事に大切なマイホームが作られると考えれば、一生に一度くらいの経験ですから、パアッと。
と言っても、全部で20万円をちょっと超える出費でしたので、多いのか少ないのか分かりませんが。

どなたかのご参考になれば、と思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
ランキングに参加しています。1日1ポチ応援よろしくお願いします。







[PR]
by picco33 | 2015-09-23 11:03 | おうち
<< 娘と2人っきりのデート 地鎮祭 >>