暮らすこと


食いしん坊の暮らし日記
by picco33
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

断捨離

こんばんは。
今日はとても過ごしやすい一日でした。

子ども達が寝る前にお互いにおやすみの
挨拶を交わしていましたが、
『おやすみ、忍者』
『おやすみ、プリンセス』
と言っていました。。。



さて、今家を建て替えようと計画し、パパが
一生懸命図面を起こしてますが中々進みません。
我が家は築40年以上の2DK。
もともとは3Kだったのをここへ越した時に
リフォームして2DKにしたのです。
2階にふた部屋。
ひとつは寝室、もうひとつは一応仏間なのですが
そこは都合上納戸になってしまっています。


ここを綺麗にしないと我が家はダメなのよねー
と頭で分かっているのに何故か手を
つけられないという状態なのです。
ここに関して、何故か思考停止してしまう。
そんな状況がここ5年くらい続いていました。
建て替えが進まないのも、この部屋のせい。



今年の春、子ども達を連れて図書館へ
行くようになりました。
長男が余りに落ち着きがなく、これまで
恐ろしくて連れて行けなかったのです。
もう年中さんになったし、と行ってみたら
中々大人しく、いや、少しマシになって
いたので時々通うようになりました。


そこで手にしたのが、やましたひでこ著
『断捨離』
言葉もよく耳にしていたし、YouTubeで
何回も映像を見ていたので概要は知って
いたのですが、著書を読むと改めて
たくさんの気づきがありました。

今使わないけど、いつか役に立つモノで
溢れかえった部屋で溺れている自分。
あー、あたし。
結局はモノで溢れかえっていて探す
ことも出来ず眠ったままのモノたち。
今という時間軸を以って判断し
今の自分に相応しいモノに絞り込み
ましょう。
集めてもあの世に何一つ持って行けない
すべては借り物と思えば、手離せる。
お店に取り置いてもらっていると
考えられれば、不必要なモノまで
抱え込まなくて済むでしょう。
などなど、啓蒙される言葉の数々に
目からウロコ。
あっと言う間に読破しました。

最初は身の廻りの小さな場所から
少しずつ身軽になればいい、って励まし
の文章もありました。


ここへ住み始めて10年。
最初は大人2人暮らしだったのが
3人の子ども達に恵まれて、増えた
荷物は引っ越すのも一苦労の量まで
膨れ上がってしまっています。


親友が、トランクひとつで旅するように
生きたい、と言っていたのを思い出し
うんうん、と思います。


物質が溢れて、でも全然豊かじゃなくて
モノに占拠された部屋で小さくなって
生きている。
掃除しようにも、モノが溢れているから
片付けないと掃除機もかけられない。
毎日が不機嫌な状態。
時間ばかりが過ぎて自分をもてなす時間も
ない、そんな人生から自由になる。

断捨離を始めると人間関係も変わるし
全てがご機嫌に変わるのだと。
本に書いてあることは本当のことばかり。


身に余るモノに囲まれて生きるのをやめて
新しい自分を発見したいなぁ。と。
モノを捨て続けると、買う、という行動にも
変化があります。
不用意にモノを増やしたくなくなるので
買う前によぉく考えるようになります。
安いけど要らない、可愛いけど今あるので
十分、とまぁこんな感じです。

資本主義社会は終焉を迎えているんですね。
もうモノをたくさん買わなくていいのです。
物質じゃ幸せになれないとみんな気が付き
はじてめいますよね。
そして、その終わりにはモノで溢れた
部屋を綺麗にして、心を充実させること。
今私たちがしなければならないこと。
足るを知ること。
過剰な消費はしなくていいのです。
電気だって、あるように暮らせばいいのです。
最終処分場も無いまま稼働している原発は
もう要らないのです。


肝に銘じて、ゴミ袋4つ分処分しました。
まだまだ始まったばかりです。
いつの日か、ご機嫌に暮らすこと
目下の目標です。




にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ にほんブログ村 料理ブログ 妊婦ごはん・母乳ごはんへ   
ランキングに参加しています。1日1ポチ応援よろしくお願いします。
[PR]
by picco33 | 2013-11-03 22:36 | そのほか
<< 照明器具 高知ショップ >>