暮らすこと


食いしん坊の暮らし日記
by picco33
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

晩ごはん

先週より風邪をひいてしまって、なかなか完治しません。
歳のせいでしょうか・・・
鼻水と咳だけなんですけどね。

息子のお肌の調子も悪くて先週病院へ行きました。
アレルギー専門の小児科です。
オケタニの先生から紹介してもらった先生が、ウチからわりと近く予約して行ってきました。

診察の結果、どうやら何らかの穀物アレルギーがありそうだ、という事で
指導を受け、毎日食物日誌をつける事になりました。

変なものは食べていない、と言っても脂っこいものだとか乳製品を除けていただけで
醤油のラベルや普段使っている調味料、何気なく口に入れているものも良く見てみると
添加物がたくさん入っていることに気がつきました。

お米も、『こしひかり』から『ささにきし』に変えました。
そもそも、日本人はもち米の入っていない純粋なうるち米のご飯を食べていたそうです。
もっと言うと、白米が当たり前に食べられるようになったのはここ最近で
長い歴史からいうと、雑穀や芋を主食としてきたそうです。

その種が長いこと食べてきた食物に対する消化・分解酵素が備わっているわけで
十分な消化・分解が行えないと、胃腸に負担をかけそのサインとしてお肌に現れる
ということなのだそう。

だから、日本人は和食が一番合ってるというわけです。
おっぱいにもそれが一番いいとされる理由です。


それにしても、添加物や農薬、化学肥料、私たちの周りには近年使われ始めたものが
溢れています。
何でも便利に、時間や手間をかけず利便性を追求した結果なのでしょう。
花粉症などのアレルギーが増えたのも食の崩壊からきてるのでしょうか・・・

つい、買ってしまうペットボトルのお茶。
自分で淹れたお茶はすぐに濁ってしまうけど、開けて数日たっても濁らない。
不自然な事なのに、お茶なら体にいいだろうと思い込んで目を向けない。


本当の意味で安全なものなんて、お金を払って買えるものじゃないけど
根本から考えを変えないと悲鳴をあげている息子の肌は良くならないと気づいた。

一気に色々やるのは難しいから、一歩一歩進んでいこうと思う。
全ての事柄が、サボるな、誠実に生きろ、とメッセージをくれているように思える。
なにかの啓示やお告げなんじゃないかとさえ思えてくる。

もういっぺん振り返り、真面目に正直に生きる道を選択してみようと思う。

一夜漬けで予習していった、先生の著書
うーん、考えさせられます。
何を食べたらよいのか本当にわからなくなります・・・


悩みながら作った晩ごはん。

人参ときゅうりのあわ漬
f0160073_956469.jpg



さつま芋のシナモンレーズン煮
f0160073_9572946.jpg



わかめと玉ねぎのポン酢和え
f0160073_9583945.jpg


いまいちメインになるおかずがありませんでした。
豆腐で何かもう1品あれば、、、
副菜ばかりの食卓となってしまいました。。。


にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
[PR]
by picco33 | 2009-04-20 10:11 | ごはん
<< 晩ごはん パン耳カリカリ >>