暮らすこと


食いしん坊の暮らし日記
by picco33
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

小松菜

肉、乳製品を摂らない食生活で母乳育児をしようとすると鉄分・カルシウムなどの
ミネラル不足が心配ですね。
ただでさえ、グングン吸い取られてしまうわけですから。
鉄分・カルシウムを多く含むレバーや牛乳、チーズを食べるよう、妊娠中に行った
保健所のお料理教室で指導がありました。

もちろん私はこれらの食品は食べられないのですが、1歳5ヶ月まで離乳食もなしの
完全に母乳のみで育った上の子は何の問題も無く、成長曲線を振り切って
(97%タイルを超えて)大きく成長してくれました。

母乳育児中受けた骨密度の検査で私は90%!
年齢からいくと少し低めではありましたが、正常範囲内。
母乳育児をしているならかなり優良との診断結果でした。

それもこれも、せっせと小松菜やしらすを食べていたせいかなと思います。
カルシウムを多く含むといわれる小松菜が私は大好きです。
毎晩のようにモリモリ食べてました。

当時9・10ヶ月検診で、離乳食はあげずおっぱいのみです、と言うと担当した女医から
『おっぱいに栄養なんてもう無いんだから、さっさとやめて離乳食とフォローアップミルクを
あげなさい!(離乳食作るの)面倒なら良いの(瓶詰めの不味い離乳食)あるから
どんどん利用すればいいんだから!!』
この言葉にはびっくりしたし、傷付いたし、閉口してしまった。
離乳食作るのが面倒であげないわけじゃ無いんですけど・・・出すぎのおっぱいの処理に
困るから頑張って飲んでもらってるだけで・・・と思いましたが、、、

それに私の子供はこんなに大きく元気に育っていて、機嫌も良いのに何を見て
そんな事を言うのか???
母乳育児を推進している、私が出産した病院の小児科医が言う事なのか??
全く持って勉強不足甚だしい!!!
同じ女としても一抹の寂しさを感じつつ、憤慨して帰ってきたのを憶えています。


『子供を産んで、お乳をあげる』ただ単純に当たり前の事をしようとしているだけなのに
今のご時勢それが中々難しいのですね。
周りには敵がたくさんです。


理解が得られなくとも、自分の信じるやり方で母乳育児を頑張っていきたい。
それを支える日々の食事も、窮屈ではなく楽しんで出来たら最高です。
私の心の支えは、美味しい野菜たちなのです。
特に小松菜は贔屓にさせてもらってます!

f0160073_8183189.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
母乳育児に参加しています。応援よろしくお願いします。
[PR]
by picco33 | 2009-03-23 08:27 | ごはん
<< 豆乳クリームパスタ 今更ながら’08年クリスマス >>